院長紹介

ぶぜん眼科クリニックは、皆様の「目の健康」をサポートするため、患者様の立場に立った安心・安全な眼科医療の提供を目指しております。

院長挨拶

理事長 浦岡和弘

平成7年4月に地元の豊前市で眼科クリニックを開業し以後多くの患者さんを診察してまいりました。手術に関しましても白内障手術を中心として10,000眼以上の手術を行い豊前市、築上郡はもとより大分県北部の中津、宇佐地区からも多くの患者さんが来院されております。
地域の方に愛され、信頼されるクリニックを目指して、院長以下、スタッフ一同、力を合わせて日々努力を重ねてきた結果が多くの患者さんが来院するという結果につながっているものと自負しております。
我々の目指す医療は最新の検査、診断、治療に基ずく真心のこもった医療です。
患者さんの立場に寄り添い、コミュニケーションを大事にし、最新の医学知識の習得に努め、日進月歩の最新の医療技術と検査器械を導入し続けています。
特に白内障に関しましては手術器械の故障によるトラブルを未然に防ぐため最新の器械を2台導入し、また眼内レンズの度数測定におきましても患者さんの希望の度数に誤差が出ないように3種類の測定器械を導入し測定しております。
当院で提供できない最新の治療や診断は、九州大学、大分大学病院などとの密な連携のもとに、患者さんの希望にあわせて、ご紹介させていただいております。


院長略歴

昭和57年
福岡県立京都高等学校卒業
昭和63年 3月
国立高知医科大学(現高知大学)卒業
昭和63年 6月
九州大学 眼科入局
平成2年
北九市立 戸畑病院
平成4年
九州大学 眼科勤務
平成6年
門司労災病院 眼科部長
平成7年 4月
ぶぜん眼科クリニック 開院